一つだけの花か個性が生きる花束か?

こんにちは。岡山市エステサロン支援 オカヤマビューティアカデミーです

」先日、ZOOMでのご相談でした。

 

このまま一人サロンでいいのかな?
 
これ、個人サロンオーナーさん一度は、なやみますね(^_^;)
 
将来設計が必要ではないか?と話しました。
 
一人サロン様もスタッフを抱えるのも、どちらもいい事です。
 
 
オーナーさんのこのままという気持ちの中にどんな悩みがあるのか?です。
 
・ずっと一人で続けれるのか?
・お客様が増えて、回らないのか?
・スタッフを入れて、お客様を増やしたいのか?
・事業継承をしたいのか?
 
「このまま」がどのままなのか?
 
そこから、明確化。
 
スタッフを入れると、業務の幅も広がるし、もし自分が休んでもサロンは回ってます。でも、スタッフの人生もしっかり自分の肩に乗せなければなりません。そして、技術者はよくあるけど、自分の分身じゃないから同じようにできると思ってはいけない(スタッフの個性をつぶさないこと)
 
一人サロンだと、スタッフへの責任は生まれないけど、自分に全てがかかります。ですので、年配になられていくなら、サロンを今後、どうしていくか?
など、考えなければなりませんね。
 
一つだけの花もよければ個性が生きる花束もあるのです。
 
そんな、お話をして(今回のオーナーさんは50代。色々と考える年ですね)まずは3ヶ年計画を作ることに。
 
こうやって、一度頭をリフレッシュして、じっくり自分のサロンの将来を見つめる時間。持ててますか?
 
年度も変わりますし、皆さんたまには
フレッフッレ、フレッシュ~~~♪♪
(松田聖子さんの歌が今、舞い降りた私(笑)
 
扉を開けていきましょうね(^o^)/
 

ご相談はお気軽にLINE@ メールのどちらでもOKです☆
インスタもフォローしてくださいね→インスタグラム
サロン様のご相談などは
こちらのメールからお気軽に

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録特典「カウンセリン時に使える、価値ときっかけ作りマニュアル」付

■オカヤマビューティアカデミー代表  柚木幸子

21歳でエステ業界の道へ

新店舗出店の為引き抜きにあいサロンの運営を任される。

中卒のエステサロンオーナー。
2001年独立後、他サロンの運営、講師業など全国に渡り
東京店出店など幅広く活躍するが足元の不安定を見て、2012年に岡山店一店舗に絞る。自身が味わった成功の秘訣。味わった底辺の危機など順風満帆ではないからこそ、お伝えできる講座やサロン運営支援を開いてます。

直営サロン サロンtrue 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする