ちょっとだけ数字のお話し

こんにちは。岡山市エステ支援のオカヤマビューティアカデミーです

最近は空き時間や朝に調べもの(朝に強いタイプです(笑))

これからエステティック経営されたい方は気になるでしょう

「エステティックの動向」

何やら、難しい話ですが・・・

今、エステティック産業に必要なものって何でしょうか???

ここで、わかった貴女はすごい!!☆☆

じつはエステティシャンなんです。

え、お客様数じゃないの?????

それも、お商売目的だけでなく

一人一人の異なる肌、身体、心の特徴や状態を踏まえながら手技、化粧品、栄養補助食品および、機器、用具等を用いて人の心に満足と心地よさを与えるとともに肌や体に対して健康的で美しい状態に保持、保護する行為を言う。

という

エステティックの定義をちゃんと持ったエステティシャンです。

バブル真っ最中は大手サロンさん等では100~200万のコースもありました(これ本当にすご過ぎ(^_^;))

今から20年ほど前(バブルはじける前後)~大手サロンや中堅サロンからの独立オーナーも(私もこのひとりです)エステサロンが全国的には2000年はピークでした。

その後、大手さんも減少して、脱毛サロン等も増え2017年の市場規模は横ばいです。

その陰にエステティシャン不足があるんですよね。少子化によっておそらくどの業種も出てくるでしょう。IT以外はね。。。

私たちの仕事は接客サービスですので、より人が必要となるわけです。

人を人財とも呼ぶように。

技術

接客

化粧品(商品)

も、”だれから”なのです。

もう、この商材や機械がいいから買うというのは、ネットである程度できる世の中。

であれば、何を買ったではなく、誰から買ったに目を向けるような

接客だったり、仕組みだったり考えていかなきゃですね♡

仕組みはとっても役に立つデーターです。

そういった事も運営でお伝えしますね☆

受講希望の方は、メールやLINEからお問合せ下さいね☆

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録特典「カウンセリン時に使える、価値ときっかけ作りマニュアル」付

ご相談はお気軽に

LINE@ 

メール

のどちらでもOKです☆

インスタもフォローしてくださいね→インスタグラム

サロン様のご相談などは

こちらのメールからお気軽に
■オカヤマビューティアカデミー代表  柚木幸子

21歳でエステ業界の道へ

新店舗出店の為引き抜きにあいサロンの運営を任される。

中卒のエステサロンオーナー。
2001年独立後、他サロンの運営、講師業など全国に渡り
東京店出店など幅広く活躍するが足元の不安定を見て、2012年に岡山店一店舗に絞る。自身が味わった成功の秘訣。味わった底辺の危機など順風満帆ではないからこそ、お伝えできる講座やサロン運営支援を開いてます。

直営サロン サロンtrue 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする