自分もぐぐるよね?

こんにちは。岡山市エステ運営支援「オカヤマビューティアカデミー」です。

ブログって必要ですか?との質問。

はい。必要です!

お客様がエステティックサロンを探してたら見ていくのは

①メニューや価格、施術内容

②サロンの場所

③サロンの雰囲気

④施術者の人

この4点が一番多いでしょう。

直営サロンでもそうです

これは、どんな施術内容(メニュー、価格)でどんなお店(雰囲気、場所)でどんな人がいるのか?をチェックしているわけです。

エステや美容関係は他の業種より、一度の単価も高く特に「人」のチェックはありますね((+_+))

ですからブログやプロフィールは、大切です

(アクセスアップなどといった仕組みにも必要な事です)

私も他サロンに行くとき、どんな年齢の人かな?とか見ます。

どんな資格よりも、何が得意なサロンなのかな?とかチェックします。

以前着たお話しでお客様が、予約してエステサロンへ行ったら男性だったってことがあり、

恐怖で帰られたことも聞いたことがあります。(体系の施術に行ったのでびっくりしたとの事)

HPを見させてもらったら

男性の施術者ですとは書いてました(小さく)が、プロフィールなどもなし。きっとこちらのお店では、意図的にしているのだと思います(男性施術者だったら予約少ないのを避けるためでしょう)予約はメールのみにしてましたし、電話だと声でわかるけど。

これでは、お店の評判はダウンですよね

こんな事になるより、

HP見て、ブログ見てきました

って言ってもらえる方がいいのではないでしょうか?

契約率もリピート率も変わりますよ。

めんどくさいのは分かりますよ。

でも、

ブログはお店の広告塔です。昔も今もです。

ん万円の広告費をかけることに比べたら安いもんです☆

PS、

先日も直営サロンでお孫さんの記事を載せましたら・・・アクセス数が増えてます(笑)

https://true-salon.net/2018/10/15/post-913/

どうぞこちらをご覧ください(笑)

こういったお話も個別セミナーでしております。

ご相談はお気軽に

LINE@ 

メール

のどちらでもOKです☆

インスタもフォローしてくださいね→インスタグラム

サロン様のご相談などは

こちらのメールからお気軽に
■オカヤマビューティアカデミー代表  柚木幸子

21歳でエステ業界の道へ

新店舗出店の為引き抜きにあいサロンの運営を任される。

中卒のエステサロンオーナー。
2001年独立後、他サロンの運営、講師業など全国に渡り
東京店出店など幅広く活躍するが足元の不安定を見て、2012年に岡山店一店舗に絞る。自身が味わった成功の秘訣。味わった底辺の危機など順風満帆ではないからこそ、お伝えできる講座や経営塾を開いてます。

直営サロン サロンtrue 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする