伝えてることの違い

こんにちは。岡山市エステサロン支援 オカヤマビューティアカデミーです

アカデミーのブログは本年最後となります。

12月中盤から投稿で来ておりませんでした(>_<)

 

私はただ今、直営サロンtrueと

NPO法人オカヤマビューティサミットのサロン運営もしております。

サロンの様子はこちらからクリックしてね

 

今日は、サロンの安売りについて、お話しを。

サロン価格を下げるとお客様は来てくださると思いがちな方がいますが、、、果たしてその方達の通う意味は何だと思いますか?

□安いから

□試してみたいから

のどちらでしょう?

どちらも正解です、が、安いからでご来店される方には相当の時間を要します。

安いから=お金をかけたくない

という方が多いのです。その方達にご来店していただく意味を伝えることは、そもそもの出発点が違うので、引き寄せるのでなく、その場に自分が行かねばなりません。そして、お客様を背負って、リピートにつなげていくわけです。

かなりの労力です。

試してみたいの方は、まだサロンの様子を知りたいとか思っています。でも、安くても高くても、試す方は試します。

 

なので、安売りが悪いのでなく、安い内容を伝えることが大事。

安さではなく、お得感でもなくです。難しいけど、皆検索やSNSで情報を掴んでいます。結局は、そういった内容を見て判断するのです。

 

簡単に言えば、食べログ検索して、安いけどなんか美味しくなさそうなとこや口コミの内容の悪いとこには行きませんよね。

そうするとこうしたブログやインスタ、HPの大切さが分かります。書くのが面倒となったりしますが、書いたものは財産として残りますのでね。

 

まずは、安くする意味をお伝えしてみてはいかがでしょうか?

私は安売りサロンはあんまし、おススメはしませんが時と場合にもよりますのでね。ただ安いサロンにならない事だけ、気をつけてくださいね

 

年末年始はサロン業務から離れて、色々と頭を整理する時間を作ってみてもいいと思いますよ~~

 

ご相談はお気軽に公式LINE メールのどちらでもOKです☆
インスタもフォローしてくださいね→インスタグラム
サロン様のご相談などは
こちらのメールからお気軽に

■オカヤマビューティアカデミー代表  柚木幸子

21歳でエステ業界の道へ

新店舗出店の為引き抜きにあいサロンの運営を任される。

中卒のエステサロンオーナー。
2001年独立後、他サロンの運営、講師業など全国に渡り
東京店出店など幅広く活躍するが足元の不安定を見て、2012年に岡山店一店舗に絞る。自身が味わった成功の秘訣。味わった底辺の危機など順風満帆ではないからこそ、お伝えできる講座やサロン運営支援を開いてます。

直営サロン サロンtrue 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする